転職決断のきっかけと理由

驚く男性

 

こんにちわ、パパです。

本気で転職しようとは思ってませんでした。半年前までは。

 

あくまで今回の私の場合はこうでしたって話を書こうと思います。

 

転職は突然に

今の会社に勤めて早8年。

今までは運良く人に恵まれていたというのもあり

嫌な事があって「あー辞めたい!」とか言ってもも本気で転職しようとは思ってませんでした。

給料もそこそこ貰って、文句ない暮らしも出来てましたし

そこそこ昇進して、そこそこ板挟みを味わっても楽しい事もありました。

きっと多くの方が、少なからず会社に不満を抱えながら辞めたいとか畜生!

とか思いながらも、守るべき何かの為に働いているんだと思います。

私もそうでした。

 

ただ、心のどこかでずっと続けられる仕事ではないなと

4年前位からぼんやりとは考えてはいました。

本気で動き出す事になったきっかけの詳細は書けませんが

それは突然起きました。

きっかけ

凄くガッカリすると同時にイラッとする大きなきっかけは確かにありましたが

今思えばそれで爆発したのは普段の些細な不満の積み重ねだったと思います。

 

転勤してきた上司と全っ然!ほんっと全然考えが合わないし

人間として尊敬する部分がない、嫌いなタイプだった事

たまたま来た部長クラスの気に食わない事をして目を付けられた事

会社の隠蔽気質、古臭い縦社会、経営方針への不信感。

そんな出来事がきっかけとなって、やっと人生まじめに考える事になりました。

 

スッキリした(c) .foto project

理由

細かい理由の詳しくは後述しますが、転職を決断した大きな理由としては

自分の働き甲斐と生活スタイルを変えたかった為でした。

この後ごちゃごちゃと理由を書くとは思いますが、転職の本筋はそこにあります。

第一子を妊娠する少し前から、今のままの生活では将来家族に不憫な思いもさせるし

自分も寂しい思いをするなぁと考えていました。

正直今の仕事で、より上位職を目指したいという気持ちが微塵もなくw

人生において自分が何をしたいかを本気で考えるきっかけもなく

周りの人たちが良かった為、なんとなく楽しく毎日を過ごせていたので

なかなか踏ん切りが付かずにダラダラと時間を浪費していました。

ダラダラと。

色んな事がここ半年位の間にあって、結構大変でしたが

でもまだ、ギリギリ間に合ううちに軌道修正出来て良かったと今は思っています。

 

では、愚痴も混ざった転職のきっかけにお付き合いくださいw

 

怒り気味の上司

上司

多くの方も同じかと思いますが、人間関係も一つ大きなきっかけとなりました。

私の場合、立場上板挟みになる事が多くてイライラするのは仕方ないにしても

尊敬出来る所が一切ない奴・皆に嫌われてる奴が上司で

人にあーしろこーしろ言う割に自分は全然やらなかったり

無駄にミーティングが好きで実がない物が多かったり

せっかく時間使って皆で決めたルールをソッコーで破って来たり

自分で急にルール決めて皆に守るように言ったくせに、自分が真っ先にルール破ったり

言ってることがコロコロ変わって、前と言ってる事違いますが?って話をすると

そこは臨機応変に対応して欲しいとか都合良い事を言ったり

俺そんなこと言ったっけ?とか言って、すぐ言ったこと忘れてたり

自分の中にしか答えがないものを人に汲み取れよ的な話をしてきたり

保身が大事で男気が無く、自分を犠牲にして部下を守る姿勢がなかったり

まぁ、そんな上司ってゴマンといるとは思いますが。。。

文句あるなら偉くなればいいじゃん!って話ですが、我慢してそいつに媚びへつらって

ゴマ擦って自分殺して意見寄せて評価されるようにして・・・みたいなのは

私には反吐が出そうで無理ムリィーって思ってました。

毎日、クソぼけがー。喋んな。って思ってました。

最早途中から半分無視してましたw

人の話が右から左へ突き抜けるってまさにこれ。

「あー、また何か言ってらぁ(ワロス」って感じ。

 

今までは比較的上司には恵まれてたんだなぁと心底感じましたね。

年齢が上だろうか上位職だろうが人間的に尊敬出来る部分がなければ

それは尊敬に値しませんし、その人の為に何かしてあげたくないと思っています。

そもそも人にモノを言う癖に自分はやらなくてもおkっていうジャイアン思考の人間は

好きじゃありません。

上司ならば部下より出来るべきであるし、率先して自分がやるべき。

と、私は考えます。

ほんとコレ。

 

 

でもまぁ、私にも守るべき家族がいますので

上司が嫌いってだけで「やってられん!転職しよう!」って出来るほど身軽ではないので

そこが全ての理由ではありません。理由の一つです。

それ以外の皆は好きだったのでほんとに残念ではありますが

逆に転職への踏ん切りを付けさせてくれたと考えれば、結果的に良かったのかもしれません。

感謝はしてませんがw

 

気に食わない顔の上司

もうちょい上の上司

なるべくわからない様に書いてますので、もうちょい上って表現はご容赦を。

とある出来事で、役員クラスが時代錯誤の感じで「俺が一番正しい!」

みたいなスタンスだなって感じてしまうことがあり

この人が上にいるんじゃついていけないなぁと思った事もきっかけとしてあります。

いくら立場の離れた下の方にいる部下だとしても、立場が上であればあるほど

何かあった時にちゃんと話をして理由を聞く余裕くらいはもっていて欲しいと思います。

自分もそうなりたいと思っています。

自分の考えを押し付けるだけのパワープレイで下が付いてくると思っとるのかね?

と問い詰めたい。

 

そんなこともあり、定年まで残り30年程あるのに

この会社で働き続けるモチベーションも保てなそうだったし

この先どうなりたいとか、どうしたいとか将来のビジョンも描けなくなりました。

まぁ、将来ビジョンは元々描けてなかったんですけどねw

より一層先が見えなくなった感じです。

 

もちろん、そんなのどこの会社行っても似たようなもんだからと割り切って

我慢して働き続けるという事も考えたんですが、総合的に考えてこの仕事は

”ナシ” ”潮時” になりました。

 

親子の時間(c) .foto project

家族との時間

冒頭に少しお話ししましたが、今回の転職軸は生活スタイルを変える事にありました。

上司オワタの話を書きましたが、一番大きな理由はココです。

そう思ったきっかけは仕事そのものにあります。

仕事の詳細に関しては別途記事にしようと思いますが

パパのお仕事はシフト制で深夜帯の勤務があったり

休みが不定期であったり、結構な頻度で転勤がやってきたり

そういうお仕事でした。

 

休みが不定期なのは、平日休みだとどこ行っても空いてるし

転勤も新しい人や土地との出会いがあるので楽しい事もあり

特になんとも思ってませんでした。

でも、子供が産まれてから感じたのは、家族と過ごせる時間が短いということ。

子供が起きている姿を見ることが少なく、気付いたら立ち上がれる様になってる

お喋りが上手になってるなど、どこか寂しく思うことが多かったです。

なるべくママがラインで動画送ったりしてくれてはいたんですけどね。

特に遅番が続くと最悪で、昼間はこちらが寝ていて時間が合わない

起きたら忙しなく出勤して、帰ってくる深夜には家族は当然寝ているので

ほぼコミュニケーションが取れない。

会いたいが為に無理して朝まで起きてるとこちらが寝不足で仕事中辛い。

子供の世話も余り手伝えずにママに負担を掛ける。

 

こんな生活一生続けるのかぁと思うと、何の為に働いてるのかわからなくなりましたね。

沢山お金を稼ぎたい。いい物を食べたい。旅行に行きたい。

いい車に乗りたい。異性にモテたい。偉くなりたい。人の為になる事をしたい。

などなど、人それぞれ働く目的は違うと思います。

それが私の場合は、家族ともっと時間を一緒に過ごしたい。だったのです。

 

そんな訳で一念発起して、転職活動を始めるに至りました。

 

読んでくれてありがとうございました( ;∀;)

↓↓応援クリックお願い致します↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました