元役職が教える!パチンコ店の仕事 生活編

銀玉Pachinko balls / MShades

 

こんにちわ、パパです。

やる気だけは凄くあるんですが、あまり時間が確保出来ず

書き始めてみるとすごく時間が掛かって思うように進みません。

 

今回はお仕事に関して書こうと思います。話の軸には家族をおいてます。

これからこの業界を目指す方、既に業界人で迷ってる方の参考になればいいなと思います。

お仕事について

パパのお仕事は接客サービス業でした。

サービス業というと若干聞こえは良いですが、パチンコ店でのお仕事です。

賛否両論あると思いますので、嫌いな方は読まないでください。

この業界を目指す方、迷っている方の参考になればと思います。

 

タバコのポイ捨て

パチンコ店での仕事に対するイメージ

遊戯される方は何となく想像出来るかとは思います。

業務内容に関してはここでは割愛しますが

まぁ、世間からのイメージは良くはないですよね。

昔に比べたらだーーいぶクリーンになってますし

業界としても、企業全般的にもクリーンな環境にする努力はしてると思います。

ま、実際努力はしててもやり切れてない所は結構ありますけどね。

 

しかし、遊戯しない方・よく知らない方からすると依然としてマイナスイメージは強いみたいです。

少なくとも私の周りでは一昔前の印象を持ってる方の方が、良い印象を持ってる方より多いですね。

タバコの煙。騒音。不良客。タバコの煙。浮浪者。借金。事件。タバコの煙。

昔は借金苦で自殺とかが社会問題になったり、毎年社内放置で幼い命が奪われてたり

三店方式が濃いグレーで問題になってたり

現在進行系で「のめりこみ」が問題になってたり。。。

自分も居たので決してディスる訳じゃないですが、多くの問題を抱えているのは事実です。

 

確かに強烈なマイナスもありますが、プラスもあります。

人目をあまり気にせずタバコを吸い易いとか

1人になりたい時に遊戯に集中する事で自分の世界に入れるとか

中高年層の地元のコミュニティになっていたりとか

休憩所が充実してて便利な店があるとか、トイレが綺麗とか

好きなアニメやアイドルとのタイアップ機が楽しいとか、トイレが綺麗とか。

 

その他書きたい事は山ほどあるんですが、詳しいアレコレは別途記事にしようとは思います。

 

とにかくイメージが良くない事。

何か実害があった訳ではありませんが、子供が産まれてからは特に気にするようになりました。

以下、かなり個人的主観が入ってますので不快に思う方はごめんなさい。

読まないでください。

 

考えすぎかもですが、将来

「お前の親はパチンコ店で働いてるんだってな!人から金をむしり取りやがって!!」

みたいな理由で子供が虐められたら可愛そうだなぁとか

パパはお仕事何してるの?って子供に聞かれた時に

「パチンコ屋さんで働いてるんだよー(ドヤッ」

って胸張って言えないなぁとか

同世代の知り合いとか久しぶりに会った友人とかに

P店で役職者やってますって言うのも恥ずかしいなぁとか思ったり。

根本的に私自身もどこか好きじゃなくて、負い目を感じてたのかなって思います。

一生続けられないなぁと昔から考えていた理由の一つです。

 

スーツケース

付きまとう転勤

この仕事に限らず、チェーン店展開・支店営業している所は同じかと思いますが

定期的に転勤がやってきます。

うちの場合は早ければ数か月~長くても4年位を目安に飛ばされます。

異動告知をされるのは早くて1ヶ月前~遅いと2週間前。

めちゃめちゃ慌ただしいですが、同じ様な会社ばかりだろうし

これも離職を防ぐ策なのかなぁと思ってますが。

時間的余裕と環境に恵まれないと転職し辛いですしね。

 

これも、子供が産まれるまでは実感として湧かなかったんですが

やはり将来の学校問題などに頭を悩ませましたね。

転勤先に一緒に連れていく事は出来ますが、学校が頻繁に変わるであろう事や

せっかく親しくなった友人たちとの別れがある事。

そういう辛い思いをずっと子供にさせるのかぁとか。

単身赴任も出来ますが、良くても月数回しか家族と会えなくなって

お互い何やってるかわからない状況で家族と言えるのだろうかとか。

自分は子供にとって、たまに遊んでくれるおじさん状態になってしまわないかとか。

離れ離れで暮らすと離婚になってもおかしくないなぁとか。

実際、今の会社での?この業界での?かわかりませんが、離婚率は相当高いと思います。

周囲でも既婚者10人に一人位は離婚経験ありそうな勢いでした。

 

他にも、家財道具が住むとこによって色々と必要になるのでお金が掛かるとか

逆に不必要なものも溜まって物が増えるの困るなぁとか。

 

まぁ、言い出したらキリがないんですが

一生転勤をし続ける可能性があるという事が、私にとっては許容出来ない問題になりました。

もちろん元々わかっていた事ですが、子供が産まれる前と後では感じる重みが違いましたね。

これも一生続けられないなぁと思っていた理由の一つです。

 

作業中に疲れて仮眠

シフト制

シフト制で働いてる人なんてゴマンといるとは思いますが

これも子供が産まれてから重石になりました。

休みが固定されてないとか、勤務日がバラバラとか、急遽出勤日が変更になるとか

出勤時間が変更になるとか、生活リズムぐちゃぐちゃになるとか

カレンダー通りの休みの友人と日程が合わないとかとか色々不満はあります。

逆に平日休みはどこいっても割と空いてるというメリットもあります。

うちは基本的には早番と遅番があって、早番は良いのですよ。

朝ちょっと早いくらいなもんで、帰りは早いし一緒にご飯とかお風呂とか出来るし

早ければ医者に連れて行ったりも出来るので多少ママの助けも出来ますし。

問題は遅番・夜勤の時と、早遅の行き来をすることにあります。

 

まずは遅番。

夕方から深夜までの勤務になりますが、我が家では上の子は平日は保育園に預けてるので

昼過ぎに起きると上の子は家に居ません。会えません。

帰ってくる頃には寝ているので当然触れ合えません。寂しいです。

私欲の為に夜中に起こすわけにもいきませんしね。

保育園行ってなければもっと時間もあったかとは思いますが

睡眠時間を削って遊ぶ事になるのは変わらないかなぁとも思います。

 

うちはママが育休復帰した時に保育園必須なので、退園という選択肢はありませんでした。

なので私は朝子供が起きるまで待ってて、起きたら保育園までの時間を少し触れ合って

その後に寝る様にしてました。

寝るの10時前くらい。起きるのは14時過ぎくらい。

これが続くとめっちゃ疲れ溜まります。そして眠い!

 

続いて夜勤。

このお仕事をしてると新台入替って言って

地域によりますが毎月何回か深夜に遊戯機の入替作業を行う場合があります。

地域によっては日中行うこともあります。

また、営業中に出来ない清掃や設備点検なども深夜帯に行います。

そんな時に夜勤が発生するのです。

基本的には遅番と変わらないんですが、出勤時間も退勤時間も遅いです。

夜出勤して明け方、もしくは朝帰宅です。眠い。

でもって翌日通常の遅番とかだと更に眠い。

 

怒っている女性

遅番も夜勤も翌日が休みだと結構最悪です。更に遅番後に休みからの早番が最高に最悪です。

翌日休みの場合は、睡眠時間削って眠いまま何かするのか

寝てしまって起きたら夕方で「あぁ、一日無駄になった・・」と絶望するかのほぼ2択です。

前者は、若いうちは良いのですが30過ぎてくるともう午後は眠くて眠くて。。

遅番明けに早めの予定を入れて、朝起きれないとか日中眠いとかで

ママと何回ケンカしたかわからない位ですw

遅番明けってなぜかほんとにクッソ眠いんですが、実感としてわかって貰えないので

初めのうちはほーんとしょっちゅうケンカしてたと思います。仕方ないですが。

出かける約束してても眠いもんは眠いんです。

歳を取ると意思とは裏腹に身体がいう事を聞かなくなるのです。

有り難いことに、今は結構理解してくれてますけどね。

 

でも遅番も夜勤も悪い事ばかりではないんです。

深夜の時間は1人で使えますので、うるさくしなければ趣味に没頭出来るし

出勤時間が遅いので非日常感があったり。初めのうちだけですがw

でもやっぱり早遅を行き来していると、生活リズムが一定に保てないし

どこかで無理をしないと逆番に合わせる為の体内時間の調整が出来ないしで

肉体的に疲労するのは間違いないと思います。

 

結局自分の体力と家族との時間を重要視して考えた結果

私の場合は続けられないなぁという結果になりました。

 

生活に関わる内容が一段落したので、続きは別記事にて。

働いたらどんな感じなのかなぁって参考にしてくださいね!

読んでくれてありがとうございました( ;∀;)

↓↓応援クリックお願い致します↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました