これでもう迷わない!失敗しない転職先の決め方

転職したい!転職しよう!と心に決めたはいいものの、どうやって転職すればいいの?とか

転職先を何にすればいいかわからない…というのはよくある話だと思います。

どうやって転職すればいいの?はこちらの記事を参考にしてみてください。

【実体験!】おすすめの転職支援サービスはこれだ!
こんばんわ。新しい仕事が始まってそこそこ忙しくなったパパです。 なかなかまとまった時間も取れませんが細々と更新していきます。 前置き 今回は私が実際に使用した転職サービスについて書いていこうと思います。 転職活動を始めるにあ...

 

今回は転職先の決め方について記事にしました。

実体験に基づいて考え方をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

転職の目的

何を求めて転職するのか

冒頭ですがこれが一番大事な事で、失敗しない為に妥協してはいけないポイントです。

人それぞれ、転職を考えるきっかけは多種多様だと思います。

私の様に普段から思う所があって、何かをきっかけにスイッチが入って決心する人もいるでしょうし

今まで全然不満なんてなかったのに突如発生した出来事で転職を決意する人もいます。

  • 人間関係に不満があった
  • 給料面に不満があった
  • やりたいことと全然違う
  • 会社の方針に付いていけない
  • 会社の将来性が不安
  • プライベートが充実しない
  • 転勤が多い…etc

こういった様々な理由があって転職したいと考えると思います。

今の職場が嫌で嫌で仕方がないとか、上司が嫌い過ぎるとかネガティブな理由でも全然かまわないと思います。

無理して働いて消耗して病気とかになるよりは、さっさと解放されて

新しい道を歩む方がいいことも沢山あります。

もちろん、それなりに苦労も沢山ありますけどね。

ネガティブな理由よりも、もっと好きなことがしたいとかスキルアップに挑戦したいとか

ポジティブな理由があるならその方が全然良いです。

ポジティブな理由は、転職理由を話す時に好印象を与えられますからね。

ネガティブな理由はストレートに伝えると大抵印象が良くないので

新しい環境でチャレンジしたいと考えた為です!とかなんとか

当たり障りのないふわふわした理由を言わざるを得ないです。

 

しかしどんな理由で転職を考えたにせよ、転職目的を明確にしましょう

その目的こそが今後のあなたの行動指針になります。

ここがぼんやりとしてしていては、ただ時間と労力を費やして転職失敗という結果を招きかねません。

 

どんな仕事なら目的達成出来るか

転職目的を達成させるにはどんな仕事なら可能なのかを軸に、業種を選びましょう。

転勤が嫌なら全国展開のサービス業などは最も避けるべきでしょうし

あまり人と関わりたくないのであれば個人プレーが多めの業種がいいかもしれません。

その業種がどんな仕事内容で、目的達成の壁となるモノが無いかのリサーチは必須です。

敵を知らずして戦おうなんて甘いです。

面白そうだなぁとかやってみたいなぁという気持ちで仕事を選んでいいのは20代前半までかなと思います。

私は、転勤したくない → 飛ばされる可能性のあるチェーン展開系を除外

家族との時間を大切にしたい → 求人を見て残業多い会社やシフト制の仕事を除外

という感じで求人を絞っていました。その次に業種や給料という感じですね。

ちなみに、給料水準を上げたい・下げたくないという希望を強く持っていて

それでも転職をする方は多くが営業職を選ぶという話をエージェントの方から聞きました。

特に住宅販売の仕事は人の流入が多いと言ってましたが、多分流出も多い業界だと思います。

もちろん営業職も努力やセンスで超高収入も狙える職種だと思います。

住宅販売は高価な売り物ですので、1件売るごとのインセンティブが高いと聞きます。

売れなければ給料めちゃ少ないとも聞きますw

私に営業のセンスも続ける根性も無いと思うので選択肢からは一切外してました。

高収入を狙って営業職を検討する方は、給料面だけに捕らわれずに

よくよく業務内容を検討する必要があることを肝に銘じておきましょう。

 

続けていけるのか?

業種をある程度絞れたら、それは自分に出来るのか?やりたい事なのか?を考えてみましょう。

全く興味はなくて、でも条件がいいから・・というのではきっと仕事が嫌になってしまいます。

今後少なくとも数年間、続けていけるかどうかを考えた方が良いと思います。

背負う家族がいるなら身軽に動けないと思いますので、尚更しっかりと考えなければなりません。

 

少しでも経験を活かせそうなら意外とやってみれば何とかなると思いますし

全くやったことが無くても仕事のイメージが沸いて続けていけそうならチャレンジあるのみです。

同業種への転職をしない限り、リアルに即戦力になるという事はほぼ無いんじゃないかと思いますし

どの仕事も大体の本質は同じだと思いますので、長く続けられるかどうかを基準に考えた方が

後悔する可能性は少ないのではないかと思います。

 

私の場合は過去にIT業界の経験があり、仕事内容としては好きな分野でしたので

チャンスがあれば、少しでも経験が活かせる&好きな事であるIT系が良いと考えていました。

とはいうものの、転職活動開始直後はやはり色々と迷っている時期もありまして

前職が店舗営業や管理を行っていましたので、学習塾の塾長やマネージャーを勧められて

教育にそんなに興味もないのに、子供も小さいし今後の為にちょっといいかも?なんて思ってみたり

コールセンターのマネージャーを勧められて、ちょっと面白そうだし楽そうかも?とか思ってみたり

紆余曲折ありながらも、最終的には続けていけそうな仕事はなんだろう?あ、ITだわ。

ってな感じでゴールに辿り着きました。

ここまで辿り着いたら、転職サービスの求人は決めた軸の職種しか見ない方がいいです。

私も転職活動開始当初は参考にしたいという名目で、営業・運営管理・SE・コンサルなどと

多くの職種の求人を送って貰っていましたが、軸を決めてからは止めました。

エージェントサービスを使っているなら、エージェントにその旨を伝えてしまいましょう。

まぁ、伝えたら私の様に相手にされなくなるかもしれませんがww

その話はこちらをどーぞ。

【実体験!】おすすめの転職支援サービスはこれだ!
こんばんわ。新しい仕事が始まってそこそこ忙しくなったパパです。 なかなかまとまった時間も取れませんが細々と更新していきます。 前置き 今回は私が実際に使用した転職サービスについて書いていこうと思います。 転職活動を始めるにあ...

 

あまり多くの求人を見てもどれも良さそうに見えて、迷う元になるだけですので

軸に絞った職種の中から良い求人だけをピックアップしてく方が効率が良いと思います。

なので、“目的の明確化→職種の決定”は非常に重要な過程です。

 

転職活動を始める時期

転職業界は今大きな売り手市場の波が来ています

どの業界でも人手不足であり、求職者にとってはチャンスの時期ですね。

ってこちらに書いてありましたw

売り手市場はいつまで?コロナ禍で変わった転職市場の変化とは?
2019年現在、転職市場は売り手市場です。ていうか、単純に人手不足・若手不足の業界が多い+景気が一応上向きなので、売り手市場になるのは当たり前なんですがね…。ただ、人気業種・職種に関しては「買い手市場」になっているので(事務職など)、市場分

 

私が転職活動をしている間も、色々なエージェントさんが口を揃えて売り手市場であると言っていました。

多分本当にチャンスなんです。特にスキルや経験を持っていたりする人や若手にとっては。

そう、何も目立ったものがないパンピー以下の私のような人にとっては

実際そこまで大きなチャンスではないと思います。

まさか100件も応募するとは思ってませんでしたよ。売り手市場チャンスどこ行った?

とはいえ、それでもチャンスタイム中であることに間違いはないと思います。

求人倍率が高い時は色々な企業が人を欲しているので、こちらとしても選択肢は多くなり

結果として納得できる転職を達成しやすいと思います。

いつまで続くかわかりませんが、やるなら今でしょ!(言いたいだけ

 

ざっと失敗しない為の思考についてまとめさせて頂きました。

大事な事なので何度も言いますが、まずは転職の目的を明確にしましょう。

少しでも迷われている方の後押しになれば幸いです。

読んでくれてありがとうございました( ;∀;)

↓↓応援クリックお願い致します↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました